• クロロフィルにはどんな効果があるか

    • 健康増進の作用がクロロフィルには凝縮されています。

      ヘモグロビンと似た構造があることから、造血作用が優れており、体内を整える役割を血液と同じように担う効果が期待できます。



      このクロロフィルは葉緑素のことであり、植物の葉っぱの成分を合成しています。



      植物が元気に育つために光合成の時に糖質やエネルギーの生成を二酸化炭素から行っています。


      人がこのクロロフィルを体内へと吸収したい場合はジュースやスムージーとして粉砕して飲む方法などがあります。


      茹でて飲みたい場合は長い時間茹でてしまうと、酸化酵素と結合して野菜を酸化させて、紫色に変化させるフェオフィチンとの結合が起こるので気をつけましょう。

      結合するとクロロフィルは本来の働きができません。

      クロロフィルを摂取することで、まずヘモグロビンがより生成されるように促すため貧血を予防したり改善することが期待できます。



      そして、悪玉コレステロールが排出されやすくなるので、血中の脂質濃度が正常になり糖尿病や心臓病などの生活習慣病予防につながります。



      また、殺菌や抗菌の作用も優れているため、アクネ菌の働きが阻害されるためにニキビにも効果的です。



      とても小さな繊維質を持っているため、小腸にこびりついている有害な物質を剥がす作用もあるのでデトックスをしたい方にもおすすめで、腸の調子が良くなることで口臭や体臭も改善していきます。

      まずは葉物野菜を毎日の生活に取り入れることから始めましょう。



  • 関連リンク